蓮田で坐骨神経痛と冷え症の改善

2019/07/24 ブログ

本日、初診で60歳の女性がお見えになりました。平熱が35℃台と低く特に足が冷えて夜も眠れない時があるほどの冷え症と、坐骨神経痛に悩んでいらっしゃいました。坐骨神経痛は病院にて診察を受けたそうですが、レントゲン検査では骨に異常は無く、湿布を処方されて終わってしまったとのことでした。また針治療も試されたようですが効果が感じられず、健康堂の患者様のご紹介で温熱療法を試されにきました。辛い坐骨神経痛に対してイトオテルミー温熱療法で、ふくらはぎから入念に温め、太ももの裏、そして臀部にもしっかりと熱を入れて血行を良くし筋肉をほぐし、症状の緩和を促進していきます。足の冷えは臀部の筋肉が固くなり、固くなった筋肉が臀部の下を通る動脈を押して血流が悪化して足の先まで血液が充分に行き届いていないことが原因の一つとも言えます。イトオテルミー温熱療法は70℃から最大120℃の高エネルギーの熱を体の芯までアプローチすることができ、しっかりと内臓や血液を温めることが可能な為、冷え症や神経痛の改善に効果が期待できるのです。今日、初めていらした患者様からも「体がポカポカする!楽になった!」と嬉しい言葉をいただけました。冷え症、神経痛でお悩みでしたら、物は試し!のお気持ちでご相談ください! 

*患者様の同意を得て掲載させていただいております。

初回限定価格60分コース 通常4,860円税込→2,700円税込にて!

(予約時にホームページを見た!とお伝えください)