埼玉の病院のがん治療と違う施術

2019/06/14 豆知識ブログ

病院でのがん治療の3大治療は、手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)と言われておりガン治療に必要だと思います。ただ、どの療法も患者さんの体に強い負担をかけるのも事実です。手術をすれば、手術の傷(創部)治癒と全身の回復に時間がかかるときもあります。放射線治療では照射部に放射線障害で炎症がおきたり、抗がん剤の投与では、吐き気、倦怠感、脱毛、味覚障害、肝臓や腎臓の障害がおこることもあります。ガン治療は、この様な辛い副作用との戦いでもあります。ガンは強い細胞と言われている為、ガンに打つ勝つ為にはやむ得ないこともしれません。しかし、強いと言われているガンにも弱点があります。それは「熱と酸素」。ガン細胞は低い温度と低酸素の環境で活性化し増殖します。そこで健康堂では、温熱療法にて70℃から80℃の熱で全身、患部を温め体温を上げ、血流を良くし血液で運ばれる酸素を万遍なく体中に行き渡らせ、ガン細胞が嫌いな環境を作っていく。そして体温を上げ免疫力を活性化させ、ガン細胞をやっつける強い体を作って行こう!という考え方なのです。病院でのガン治療の効果を良いものにする為に、温熱療法で、生まれた時から自身に備わっている「病気と闘う力(免疫力)」、「傷ついた体を治す力(自然治癒力)」の促進を試してみてください。温熱療法は副作用の無い、心地良いぬくもりと刺激の療法です。

 

  • 埼玉の整体について

  • 冷えとは