埼玉で冷え症にお悩みなら温熱療法

2019/07/23 豆知識ブログ

いよいよ梅雨が明けが迫り猛暑の到来が間近となりました。これからの季節にはクーラーが必要になってきます。今では自宅をはじめ職場や電車、バス、デパートなどあらゆるところで冷房が普及し、暑さが厳しい近年の夏も快適に過ごせるようになりました。しかし常に冷えた風が体に当たるために、冬場よりも「冷え」を感じる方が多くなりました。私たちの体は、自律神経の働きにより体温調整や発汗をコントロールして、暑さ、寒さに対応して体温を一定に保つ働きが備わっています。ところが冷房で体が冷え過ぎたり、冷房のきいた屋内と炎天下の屋外を出入りしたことにより、その自律神経が混乱してしまい体調を崩してしまうのです。人の体温調節機能は5度以上の急激な変化にはついていけず、冷房で冷やされることと急に暑い場所へ出て行くことは、体にとっての非常事態なのです。一日に何度もこれを繰り返すと、急激な変化に自律神経が乱れてしまうのです。その結果、手足の冷えや頭痛、めまい、倦怠感、疲労感、肩こり、腰痛、下痢、などの症状が現れます。また夏場は何ともなかったが、夏が終わった秋口に先の症状が現れる方もいます。このような症状を予防するにはクーラーの温度を下げ過ぎないこと、冷たい物を過剰に摂らないこと、暑いからといいシャワーだけで済ませず41~42℃の湯船に10分程浸かり、体を温めることなどです。冷えは万病の元で、低体温になることにより免疫力が低下し、がん細胞の増殖を招いたり、不妊や大きな病気の原因となるのです。健康堂では、冷え性の改善をイトオテルミー温熱療法にて行っております。イトオテルミー温熱療法は体を芯から温め、免疫力促進、血行改善、自然治癒力の促進の効果があります。「冷え性」でお悩みなら、健康堂までご相談ください!

  • 温熱療法とは

  • 健康堂