蓮田市で頭痛、肩こり、神経痛を改善しています。

2019/10/09 豆知識ブログ

また大型台風が近づいてきました…。前回の台風15号と同じくらいの勢力と天気予報でアナウンスしていました。台風の大きさは15号よりもかなり大きいともありました。

15号は各地に甚大な被害をもたらしましたので、かなり心配です。

とくに関東では千葉県に大きな被害があったのは皆さんもご存じだと思います。私の住む埼玉県は、今まで大きな災害がなかったように感じます。

しかし、最近の異常気象で何が起こるか分からないと考え台風の対策をしたいと思います。

そして、ここ1週間で「腰痛、関節痛、頭痛」など痛みを訴える患者さんが多くなりました。

台風の前に関節が痛んだり、季節の変わり目に上記のような症状に悩まされていたら、それは「気象病」かもしれません。

 

気象病って何?

 

気象病とは、台風や梅雨、雨の前など、気温や気圧・湿度という気候の変化によって引き起こされる身体の不調や痛みのことなのです。


昨日は何でもなかったのに、朝起きたら突然体調が悪くなっていたり、午前中は元気だったのに午後から原因不明の不調を感じたりする場合など、それは気象病の可能性があります。

 

気象病の原因とは…

 

気象病の原因は、気温・気圧・湿度の変化による自律神経への影響や前線や低気圧によって人間にかかる目に見えない気圧力の変化なのです。

気圧という圧力は常に人間にかかっているものなのです。ただ感じることができないので、気圧を意識することは難しいのです。しかし、気圧が変化すると、体の中から体外に向けている圧力も変化させなくてはなりません。外からの気圧だけがあがると、体が潰れてしまうからです。

そこで、外からの気圧に対して体の内側の圧力を調整するのです。その調整がうまくいかないと、体の不調の原因になってしまうのです。

これと同じように、気温や湿度の変化によって、人間の体は周囲の変化に順応しようとします。暑ければ汗をかいたり、寒ければ体温を上げようとするのです。その調整がきちんと行われないと気象病という様々な痛みや不快感が起こると考えられています。

さ気温や天候、気圧の大きな変化は、体のバランスを保つ自律神経の働きをを崩すしてしまいます。

 

例えば気象病の症状は…


頭痛、低血圧、高血圧、うつ状態、狭心症、関節炎、腹痛、肩コリ、首のコリ、神経痛、腰痛、めまい、不整脈、神経痛などがあります。

また、強い倦怠感や疲労感、強い眠気に襲われたりするといった症状がでてくることもあります。



気象病の改善方法として、気象病によって乱れた自律神経を整えることにあると思います.

バランスの良い食事を摂り・41℃から42℃のお湯で湯船に浸かり体を温めること。そして充分な睡眠をとって体を休めることです。



また白砂糖を使用したスイーツや菓子類、タバコ、お酒は控えてください。

特に白砂糖やタバコは血管を縮め血行を悪くし、体に充分な酸素や栄養素が行き渡らなくなり症状を悪化させることになってしまいます。

 

健康堂で行っている温熱療法は、気象病に対する効果が期待できます。

ほとんどの患者さんが痛みに悩んで、お越しいただいた時よりも、

「スッキリした!」「痛みが減った!」「体が軽くなった!」と言われてお帰りになります。

 

これはイトオテルミー温熱療法で、体が芯から温まり血流が良くなり、体の隅々まで酸素や栄養素が行き渡り始めたからだと考えています。

 

原因不明の痛みでお悩みなら、お気軽に健康堂までご相談ください!

 

初回!60分コース4,950円(税込)を2,500円引きの2,200円(税込)にて施術致します!

 

温かくて気持ちの良い、温熱療法を体験してみてください!